プロフィール
Second CFO 税理士事務所
Second CFO 税理士事務所
カジノベンチャーやIT企業でCFOをしていた税理士です。
毎月の顧問料で税理士とCFO経験者を手に入れることが出来ます!
元銀行員でもありますので、創業融資にも力を入れています。
相談無料ですのでお気軽にお問い合わせください。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人

2010年07月21日

法人税基本通達1-4-12

(国内にある事業所に属する資産又は負債の判定)
1-4-12 令第4条の2第9項《適格現物出資の要件》に規定する「国内にある事業所に属する資産又は負債」に該当するかどうかは、原則として、当該資産又は負債が国内にある事業所又は国外にある事業所のいずれの事業所の帳簿に記帳されているかにより判定するものとする。
 ただし、国外にある事業所の帳簿に記帳されている資産又は負債であっても、実質的に国内にある事業所において経常的な管理が行われていたと認められる資産又は負債については、国内にある事業所に属する資産又は負債に該当することになるのであるから留意する。(平14年課法2-1「三」により追加、平19年課法2-17「二」により改正)

CFO経験者を雇える会計事務所は、四ツ谷の会計事務所
Second CFO 税理士事務所
Second CFO 行政書士事務所
代表税理士・行政書士 池田 恭明
Tel : 03-5312-0278
www.second-cfo.com


同じカテゴリー(税金関係)の記事
法人税基本通達5-2-4
法人税基本通達5-2-4(2012-10-15 16:27)

法人税基本通達5-2-3
法人税基本通達5-2-3(2012-09-03 12:32)

法人税基本通達5-2-1
法人税基本通達5-2-1(2012-07-09 09:11)

法人税基本通達5-1-7
法人税基本通達5-1-7(2012-07-04 17:10)

法人税基本通達5-1-6
法人税基本通達5-1-6(2012-06-07 17:45)

法人税基本通達5-1-5
法人税基本通達5-1-5(2012-05-18 15:43)


Posted by Second CFO 税理士事務所 at 21:52 │税金関係